スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生




新潟から修学旅行の小学生が
小田原どんを食べにきてくれた。

市民会館で栗田氏による
小田原どんの講習を聞き、
その後、数店舗を
数名ずつに分かれて
食事に行ったみたいです。

食後は子供たちに
いろいろと質問されました。

「小田原どんで気をつけているところは…」
「小田原どんをやってよかったことは…」

ちょっと考えておけばよかった…

おもてなしの気持ちはもちろんの事

うちはどんぶり内容だけではなく、
小鉢やサラダなどでも
季節感の大切さや
地物食材のアピールなども
料理を通じて伝えたかったです。


写真は小田原どんの季節の小鉢です。
木の葉南京、年輪大根、
里芋マツタケ、鱈子、
松葉いんげん

子供たちにも
“秋らしさ”伝わったかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。